Movable Typeで構築しているサイトに、藤本壱さんのSerchEntriesプラグインを使用して詳細検索機能を持たせることにしました。
連動型プルダウンメニューのイメージカテゴリを使った詳細検索を作りたいのですが、カテゴリに都道府県、サブカテゴリに市区町村を使っているので、できるだけ簡単に選択できるプルダウンメニューにしたいのです。

よくある形ですよね。

主なポイントは、

  1. ウェブサイトのインデックスページに、下位ブログのカテゴリ(ここでは都道府県)を引っ張ってきて、並べる。
  2. セレクトボックスで都道府県を選ぶと、もう一方のセレクトが対応した市町村を表示する

ということ。

例によってググりまくり、適当なサンプルを探してみました。
(僕はプログラマーじゃないので、自分でソースが書けません。長時間コードを見ていると蕁麻疹がでますし)

第一候補は、やはり藤本さんのブログに出ていた以下の案。
http://www.h-fj.com/blog/archives/2012/05/15-203805.php

これだと、確かに出来ることはできるのですが、
全国の都道府県×市区町村を吐き出した後に絞込みを行うので、ちょっと現実的ではないな、と。。。

市町村で8000以上のサブカテゴリがあるわけなので(汗)

そこで参考にしたのがこちら。http://ajax.jlamp.net/

手順

  1. 自サイトからサブカテゴリ(市町村レベル)を吐き出す
  2. サブカテゴリのID、をjson形式に変換する
  3. 上記ページを参考に、スクリプトを記述

手順1でサブカテゴリを吐き出す場合。
単純に「テーマのエクスポート」でカテゴリにチェックを入れて吐き出すと、IDが追加されないので、これを使いました。
CSVDataImExporter

必要なデータはカテゴリだけですが、CSVでエクスポートされるので、カテゴリの取り出しはとても簡単に済みます。

といっても、全国の都道府県分、作業するので、それなりに時間がかかります。
途中で「もっと簡単な方法があるのでは・・・??」という疑惑が沸きましたが(汗)、無視です w

理系ですが、手を使うより頭を使うのが面倒になってきた今日この頃・・・歳だろうか(^^;

手順2。
前回の記事でツールを使って一括変換する方法を書いています

カテゴリはたとえば
鹿児島県(1214:kagoshima)–いちき串木野市(1218:ichikikushikino)

という形なので、上のツールで処理するために、一旦テキストエディタで
都道府県,市町村のID,市町村名
というシンプルな形に置換してから使います。

手順3は、ほとんどこちらのページをそのままで再現しました。ありがとうございます m(_ _)m

コメントを残す