ネットショップ開業・運営

MakeShop新機能 カテゴリが複数設定可能に

メイクショップの新しい商品登録画面

メイクショップは毎月、新機能の追加や使い勝手を向上するバージョンアップを行っていますが、今月は大きな変化がありました。

カテゴリ機能が5段階・・・つまり親カテゴリに対して、子カテゴリ、孫カテゴリ、
曾孫カテゴリ、やしゃごカテゴリと、5段階のツリーにすることが出来るわけですね。

このカテゴリの多段階化、それ自体には、僕はありがたみを感じていません。

しかしそれに伴って、さりげなく重要な変化がありました!
続きを読む

  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

独自・自社アフィリエイトのまとめ

僕のクライアントの商品を、ぜひ宣伝したい!と、あるアフィリエイターが手を上げてくれたことがきっかけで、自社でアフィリエイトを導入することになりました。

そこで、色々と調査しましたので、まとめておきます。

今回、調べてみてわかったのですが、アフィリエイトプロバイダ(ASP)に広告主として登録するのって、かなり敷居が高いのですね (^^;

だいたい、

・初期費用に5万円~
・月額費用で4万円~

更に、パートナー報酬の30%程度のコミッションが発生します。

もちろん、この他にアフィリエイト報酬があるわけですので・・・
続きを読む

通販サイトのランディングページ最適化の例

ECサイト、特に商品点数の多いショップサイトの場合、各商品ページや商品カテゴリページのSEO対策はかなり重要になってきます。

先日、メイクショップ※を使った通販ショップで、すぐに効果を発揮したSEO対策についてご紹介します。

そのショップでは主にCDやDVDなど、メディアを扱っており、大カテゴリにCD、DVD、本…
などを置き、サブカテゴリとして音楽ジャンルを設定していました。

しかしそれだと、アーティスト別の検索ニーズになかなかリーチできず、苦戦している状態でした。
続きを読む

[MakeShop]予約商品の処理にシークレットカテゴリを利用する

メイクショップでは2012年の春頃から、予約商品を扱うことが出来るようになりました。
しかしあくまでオプション機能であり、商品販売前に予約を受け付ける、という状況を想定した機能です。

あるショップでは、在庫がなくなった時、

「買い物かごへ入れる」ボタン → 「予約受付」ボタン

に変化するようにしており、メールにて予約を受け付けています。
オプション機能を使っているわけではなく、標準機能で運用しています。
続きを読む