お金のイメージ

「愛の募金にご協力を・・・」

というフレーズで募金活動をしている光景を見た。
人々が特に質問をするでもなく、チャリン、チャリンと小銭を入れていく。

謎である。
「愛の募金」といったって、曖昧すぎて、何処の誰に募金が使われるのか、まったく不明なのだ。

10円を落とすひともいれば、1000円を置いていく人もいるが、だいたい、目的のわからない募金に対して支払う金額の基準とは彼らにとって一体なんなのだろう?
また、どんな考えを持って「募金する」という判断をしたのか?

募金をした人に対して、一度聞いてみたいものだ。

「あなたは、何故、いま100円を募金したのですか?何のために?」
続きを読む

  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう