MTで使用しているカテゴリを、JavaScriptで利用するためにjson形式に変換することに。

MT形式→CSV→json という流れ。

一旦CSVを経由するのは、表で開いて加工したいので。

MTのエクスポートデータはMT専用の形式ですが、単純なテキストファイルなので、tabとか特定のテキストをカンマに変換して.csvで保存すれば比較的簡単にcsvに出来ます。

簡単・・・と思って、今までゴリゴリとTeraPad開いて置換してたのですが。
今回、これを使ってみました。

CSVDataImExporterプラグイン

有料プラグインということもあり、使うまでもないかな・・・メモ帳で変換できるしな・・・と思っていたのですが、

便利だ!!!

今回は特に、カテゴリだけを取り出したいので、

「テーマのエクスポート」でカテゴリのみ、エクスポートする方法も考えたのですが、
この場合はカテゴリのIDが出てこないのですね。

CSVDataImExporterプラグインを使うと、しっかりカテゴリのIDも取得できました。

いままでの僕の使い方からすると、このプラグインは相当な時間短縮になると思われるので、とりあえず評価版で使わせてもらいましたが購入することにします。

さて、jsonです。正直、んー、ナンだっけコレ?? というかんじ。

いままでほとんど使ったことのない形式だったので、ツールを利用することに。

これで一発で変換できます。
http://shancarter.com/data_converter/

csvからjsonに変換する

上の欄にカンマ区切りデータを貼り付けて、形式を選ぶだけ。

他にも、xmlやhtmlも選べて便利ですね。
htmlはテーブルになります。