iphone20iPhone6、および6Plus が大きくなったことで、iPhoneシリーズが20まで進んだら、かなり巨大化して持ち運びが大変だなー!
と今から心配しているユーザーが多いと思いますが(笑)、

今のところ気になるのが、iPhoneとiPadを併用するか、統合するか? という問題ではないでしょうか?

iPhone6のまとめとiPad統合論はこちら

上記記事では、主にiPhone6と6Plusの仕様について5sと比較したので、今回は「統合するか否か」を迷っているユーザーさんのために、iPhone6(Plus)とiPad miniのサイズを比較してみました。

iPad miniとiPhone6, 6Plusのサイズ比較

  iPhone6 iPhone6 Plus

iPad mini(Retina)

解像度(px)
1,334 × 750
1,920×1,080
2048 ×1536
サイズ(mm)
138.1 × 67 × 6.9
158.1 × 77.8 × 7.1
200 × 134.7 × 7.5
ディスプレイ
4.7インチ
5.5インチ
7.9インチ

ソフトバンクケータイ実質0円

単純にディスプレイサイズを比較すると、iPad miniがiPhone6 Plusの約1.4倍。
短辺の解像度も、約1.4倍。

しかし、長辺の解像度は、いずれも2000ピクセル前後と、それほど変わりません。

動画を見る場合、短辺で制限を受けるため、いくら横幅(長辺)が長くても、5.5インチサイズは活かしきれないと思いますが、電子書籍を主に読みたい、という場合には、iPad miniと比べて遜色なく使えるのではないでしょうか。

縦書の本の場合、縦方向にはiPad miniに近いの文字数が詰め込めるわけです。

文字の大きさも、同程度で見られはず。

横幅が少ない分、スクロールは多く必要ですが、それほどのストレスではないのでは?と感じます。

動画をストレスなく見たいというのであれば、

iPadとiPhone6(Plus)を併用、

電子書籍程度なら、iPhone6 Plusに統合で問題ないかな? と思いますね。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で3万円もらえます