暗号通貨(仮想通貨)、所有していますか?

今年は暗号通貨が浸透する年になりますので、
すでにお持ちの方が多いと思います。

僕は少額ですがビットコインに変えています。

ビットコインの銀行ができたり、
アマゾンでビットコイン決済が導入されるなど

確実に世界通貨として浸透します。

今年中に1ビット35万円程度まであがるのではないか、
と、ある投資家は言っています。

なので、少しでも余剰資金がある方は、
ビットコインに変えておくといいですね。

円をビットコインに替える取引所は複数ありますが、
取引所によってレートが違います。

日本ではcoincheckが一番安く交換できるようです。

facebookアカウントをお持ちであれば、
ワンクリックで登録できます。

大きな変動が心配な方は、

例えば10万円をコインチェック口座に入れておき、
値段が下がった時に1万円、また下がったら1万円

という形で、時間的に分
散して購入するといいでしょう。

ただ近い将来、値上がりするのはほぼ確実なので
早めに交換しておくのがいいですね。

さて暗号通貨のメリットは、
送金手数料がとても安いことです。

海外に送金するのに、毎回数千円のコストが
かかっていたのが、数十円で済むとなると
お金の動きが活発化しますので、

世界経済的には良いことなのだろうと思います。

しかし・・・

海外の詐欺が日本に流れ込んできた

いま、「仮想通貨投資」と銘打って、
少額で投資できる案件がゴロゴロ入ってきています。

仮想通貨を使って、投資資金を振り込めるように
なったことで、海外の投資案件が日本からでも
簡単に参加できるようになったからです。

しかも、それぞれの案件の説明会にいくと、

「99%の仮想通貨投資は詐欺です!」

と言っているわけ。

しかもネットで影響力のある人が、
複数の仮想通貨案件を紹介していたりする。

ちょっと待てよ? 99%詐欺なんでしょ!

・・・なんだか、バカみたいな話だと思いませんか?

詐欺でも儲かるカラクリがある

1日に1%とか2%の利回りのある案件なんて、
明らかに異常ですよね。

確かに、ビットコインに代表されるように、
暗号通貨の価値は異常なほど上昇しています。

でも「仮想通貨投資」と銘打ちながら、
実はドルで運用しているだけだったりします。

今まで海外で横行していた詐欺投資案件が、
日本に一気になだれ込んできた感じです。

もちろん、中には本物もあるかと思います。

しかしほとんどが「ポンジ・スキーム」といわれる、
実際には運用していない詐欺案件です。

運用していないのに報酬が支払われ、
紹介する人、特にネットで影響力のある人は
大きく儲けることができるようになってます。

つまり、いつか飛ぶだろうと思いながら、
紹介しているのです。

自分は儲かるから。

これを詐欺とは認識せず、
ゲーム感覚で参加している人もいますし。

暗号通貨の台頭によって、

いよいよ、このような多くの投資案件が
玉石混交で入ってくる、

混乱の時代に突入します。

まずは仮想通貨を買ってみる

仮想通貨の詐欺が多いことで、「仮想通貨」そのものを疑問視したり、詐欺だと考えている人もいるのも事実。
ですが、仮想通貨は将来性を期待された通貨です。

為替変動リスクはあるものの、仮想通貨を知るには購入するのが一番です。
近い将来、大きく値上がりするチャンスもあるわけですし。

まずは1000円でも1万円でも、少額を買ってみて当事者になることで、情報がどんどん入ってきますよ。

仮想通貨を知るには、まずは購入してみるのがイチバン!

まずは日本の取引所で業界大手、bitFlyer(ビットフライヤー)に登録してみましょう。
ビットコインやイーサリアムといった主要コインの他、ライトコイン、モナコイン、リスクも扱っています。