看板やチラシなどに、

「○○」で検索!

とか、URLを掲載していることがよくあるのですが、
流行りに乗っかって、ありきたりの文言を書いてるだけ!

という会社が実に多いです。

看板にはとりあえず書いたけど、
なんの戦略もなく、ひどい時には
なんの対策もしていない、ということがよくありますよね。

僕は、ウェブの仕事が多い中、
看板の簡単なデザインも請け負ってます。

やはりURLや検索キーワードを掲載する場合が
多いのですが、もったいないなぁ、と感じることが多いので、
記事にしておきます。

チラシや看板などのDTP業界は、ウェブ業界に較べて
古い会社が多いためか、インターネットに関するノウハウを
ほとんど持っていない場合が多いようです。

僕はイラストレーターを使ったデータの制作だけが
仕事なので、指示通りに制作をします。

しかし元々がウェブ屋&マーケッターなので、余裕があれば、
その導線をチェックしたりもします。

本日も看板に指定されたURLにアクセスしてみると…

なんと。

他社サイトにつながるじゃないですか _| ̄|○

ひどい!ひどすぎる!

他社サイトに誘導してどうすんの!

お客様は混乱しますよね。。。
最悪、そちらで申込みしてしまうかもしれない。

URLが変更になったパターン

その会社の場合は、フランチャイズ契約を解除して、
看板等のサインやウェブサイトを全てリニューアルする予定でいます。

しかしウェブの方が後回しになっていたのでしょうね。

新規サイトのURLが指示書にありましたが、
ドメインが取得できるかどうかも確認してなかったようです。

看板の張替え日程も厳しい状況だったので、
僕が指摘しなかったら、そのまま出力されて、

他社の宣伝をしていた恐れがありました(^^;

検索エンジン対策(SEM、SEO)を全くしていないパターン

「○○(キーワード)で検索!」

と、検索窓のデザインとともに、自社サイトへの誘導を促す
チラシや看板をよく見かけます。

僕は、マーケッターとしての興味から、たまに検索してみるのですが、

大企業はともかく、中小企業のほとんどの会社が、
アナログ広告(印刷物)とウェブとの連動に配慮していません。

印刷物だけではありません。

以前、地元FM局のラジオを聞いていた時に、CMの最後に

「引っ越しのことなら、○○で検索!」

という謳い文句がありました。
 
別に引っ越しは予定してないのですが早速、
スマホで検索してみると、、、

まったくヒットしない!!!笑
 
検索キーワードの○○というのは、

引っ越しとは全く関係のない、普通は検索されないような
単語だったので、1位を取るのは容易く、狙いは良かった・・・

はずなのですが。

なぜ、対策してないんだ!!!

おバカ!

1ページ目には、一般人の書いた関係ないブログがずらずら・・・

2ページ目にも出てこない。

あれ?
おかしいぞ。

対策しなくても、タイトルタグにキーワードを入れておけば、
少なくとも検索下位にはヒットするはずなのですが?

ということで、企業名指定で検索し直して、
ウェブサイトを見てみました。すると・・・

ラジオのノリノリのブランディングとま~ったく関係のない、
お堅い企業サイトが出てきました。

もちろん、ラジオで検索キーワードとして指定したフレーズも
全く書いてない。

もしや、CM用のLP(ランディングページ)は別に用意してあるのか?

と勘ぐり、思いつくキーワードで色々検索してみたのですが、
まったくたどり着きませんでした。

つまり、こういうことだ。

お金かけてラジオCM作ったけど、
お客さんに来てもらう気がない!

よほど、儲かって余裕のある会社なのでしょうか。

○○で検索!の正しいウェブ誘導方法

せっかくなので、アナログ広告とウェブサイトを結びつけるための
導線の作り方について説明します。

アナログ広告媒体に

「○○で検索!」

と銘打ったならば、

当然その着地点として、ウェブサイトが必要です。
できれば広告専用のランディングページを用意するのがベターです。

その上で、戦略キーワードでSEO対策を行い、
PPC広告を併せて打ちます。

  1. 専用LPページ
  2. SEO対策
  3. PPC広告

○○で検索!

の○○には、

  • 誰も検索しないようなお金の臭いのない、一般名詞
  • サービスのブランディングのために作った、固有名詞

のいずれかが良いでしょう。

ラジオCMやチラシ印刷、看板などのDTPといった古い業界には、
新しいIT系の企業は参入しにくいのでしょう。

であれば、古い業界がウェブの知識を身につけて顧客にアドバイス
できればいいのですが、難しいようです。

コメントを残す