メルマガの反応

ヤタガラスヤタガラス

こんにちは、ヤタガラスです。以前運営していたメディアの思い出メモですが、今でもなるほどなーと学びがあったので備忘録として記事化します。

ほとんど反応のない、たった300人のリストから成約したメルマガとは?

今から5年ほど前(2015年頃?)、あるウェブサイトのメルマガ会員にメールを送りました。

実はこのウェブサイトは運用歴は当時で7年と長く、思い入れも強かったのですが、広告以外のインカムがなく、売却を検討していたのです。

売却といっても、サイト規模の割にアクセスが取れていない(=SEOが成功していない)ので、ほとんど値段がつかないと思われました。

 

そこで、

 

1) 出来るSEOを施し、価値を上げてから売却

2) 会員数を増やしてから売却

3) 売れる商品を開発し、売れた実績を元に売却

 

と、売却を出口として価値を高めようと検討していました。

 

1)は内部構造を見直し、外部リンクの獲得作戦を実行しましたが今のところ効果なし。

2)は、PPCが近道だと思いますが、今は少しでも物販にお金をかけたいので無視。

3)については昨年、お客様アンケートを入り口とした会員制度をつくり、モニターを実施してきましたが、集客がうまく行っておりませんでした。

でも集客さえ回れば、3での収益化が一番大きそうです。

僕は、商品には自信を持っていたのですが、メルマガでもPPCでも売れなかったので、実は商品自体に問題があるのではないか?

 

とフト考え、

 

メルマガ会員さんにこんな主旨のメールを送りました。

 

タイトル 「相談に乗ってください」

「こんな想いで商品作りを行ってきましたが、全く売れないので、商品にこのような問題があるのではないか?と考えています。

しかし、その仮説についても自信がありません。

あなたの気持ちがわからないからです。

そこで、3つの質問にお答えいただけますか?」

・・・

すると、続々とメールが・・・。

 

メルマガは約5年、用事のあるときに出しているという、ひどい有様でしたので、反応があっても1~2件です。

メルマガを出して、商品が売れればラッキーという感じでした。

 

しかし今回は、その日のうちに11人から返事が届きました。。。(驚)

 

11人なんて、数字上は大したことはないのですが、実質、300人程度のメルマガなのです。

 

お客さんに聞いてしまうのが近道

そのお返事メールで、多くのご意見やご指摘をもらいました。

それだけではありません。

 

無料モニターを廃止し、初めて商品を有料化したのですが、申込みが1件ありました w

 

さらに良い商品にするためのアイディアが沸きましたし、同時に、このビジネスの「上限」のようなものも見えました。

 

僕は当初、この市場でこの商品なら、年商5000万円くらいかな?

と考えていたのですが、かなり甘かったこともわかりました。

 

まとめ

商売をやっていると、お客さんに弱みを見せたくない、という気持ちや、余計な見栄やプライドを持ってしまいがちです。

でも、そんなプライドを捨ててお客さんと深いコミュニケーションを取ることで、それ以上に大きな情報を得られることがあります。

もやもやしているときは、お客さんに尋ねる。今では当たり前のことですが、当時は心のブロックがあったのですね。

勇気を出してブロックを壊し、マーケットを実感した出来事でした。