このWindowsは正規品ではありません。ビルド7601

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

11月から12月にかけて、パソコントラブルが3回続き、それぞれ違う症状だったので書き残しておきます。

仕事では、年末のスパートをかけたかったのですが、半分以上はPCを修理に出している形で、もどかしかったです。

が、仕事のやり方を見直すいい機会になりました。

このWindowsは正規品ではない!?という失礼なメッセージ

–2017年3月追記–
度重なるパソコントラブルの後、表題のビルド7601なるエラーメッセージが出て
ゲンナリしてしまった経緯をブログに書いたのですが、意外と同じ症状の方がいらっしるようです。

「このWindowsは正規品ではありません。ビルド7601」の対策は、本記事の最後のこちらです。

1.Windowsが立ち上がらない

主に使用しているPCはASUSのzenbookでWindows7を積んでいるのですが、まず突然落ちて、Windowsが起動しなくなりました。

症状としては、

* BIOSは立ち上がる
* 黒い画面から先に進まない
* 修復オプションは選べるが、修復リストの中にHDDが見つからない
* DVDからリカバリを試みるも、やはりHDDが見つかりません、とエラーメッセージが表示される

調べてみるとSSDの故障らしいので、交換のため泣く泣く修理に出すことにしました。

幸い、外部の家電保険に入っていたので、無料で修理してもらえることになりました。

ただ残念だったのが、かなり重要なデータが飛んでしまったこと。

パソコンに依存した商売をしているくせに、自分のこととなると脇が甘いんですよね。。。

以前はこまめにバックアップを取っていたのですが、パソコンを変えてからは、あとでやろう、と思いつつ1年経ってしまった・・・orz

しかし考えてみると、バックアップを取るのも大事ですが、今どきデータをパソコンに保存しておくなんて習慣が古いわけで。

で、妻のMacbook Airと以前使っていたVISTAを使いながら、なんとか端末に依存しない方法にシフトしてきました。

あ、いま自然に「端末」なんてコトバを使ってしまいましたが、以前は(僕が在籍していた会社なんかでは)ホストコンピューティングが主流で、デスクトップ上のマシンは「端末」って言ってましたね。

その後、パソコンの性能がどんどん上がって、それぞれがパソコンを使って仕事をするようになりましたが、現在のクラウド化は、それに似ていますよね。

なんか面白いなあ。

で、パソコンを転々とするうちに、グーグルドライブとドロップボックス、Yahoo!ボックスを使い分けるようになりました。

また最近、遅ればせながらEVERNOTEを使うようになり、原稿仕事はもっぱらEVERNOTEです。
ちなみにこの文章も、EVERNOTE使ってます。

Yahoo!ボックスは、クラウド化というほどスマートではないですね。
バックアップの延長、という感じ。

プレミアム会員になっているため50GBまで使えるので、重宝はしていますが、「重いデータの物置」という感覚。

その点、ドロップボックスは、サーバーとのやりとりでも問題なく使えるので、便利です。

文書はグーグルドライブとEVERNOTE、メーラーは完全にGmailに移行。

ITリテラシーの高い人はとっくにクラウドを取り入れているでしょうけど・・・。

ま、いつかやろう、と思っていたことをパソコンの故障をきっかけとして、やれたので、良かったと思うようにしています。

失ったものは大きいですが(T_T)

2. 今度は電源が入らない

さて、はるばる台湾まで修理に出されたZenbookは、無事に(?)工場出荷時状態で帰ってきました。

何度も繰り返されるWindowsプログラムの更新、仕事に必要な各種ソフトウェアのインストールなど、結果的に数日かかって、日常業務に戻れたのですが、なんと恐ろしいことに修理からちょうど7日目。

とつぜん、電源が入らない状態に・・・(泣)

冬になると、SSDの調子が悪くなる、という話も聞いたことがあるので、部屋を温めたり、鶏のようにZenbookを懐に入れて体温で温めたりしてみましたが、ダメ。

再び修理に出したのですが、今度はマザーボードの交換、ということでした。

本当にマザーボードを交換したのかどうかわかりませんが(明細に部品代が入ってなかったので)、とにかく1週間後、無事に修理されて戻ってきました。ところが。

今度は、

3. このWindowsのコピーは正規品ではありません。

ビルド7601
Windows7
ビルド7601
このWindowsのコピーは正規品ではありません。

デスクトップ背景が真っ黒になり、こんなメッセージが常に表示されている状態に。

更に、起動時にはこんな失礼なメッセージが。。。
正規品ではありません

ネットで調べてみると、

・Software Protectionの設定 → http://yorokaji.info/windows7-7601.html
・ライセンスの再認証 → http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8013431.html

などがヒットしましたが、いずれを試しても認証されず、仕方なく修理してくれた会社に聞いてみると、どうもSSDを交換した際に、ライセンス登録をしていないのではないか?とのこと。

よくわかりませんが、別のWindowsを入れちゃったということ?

そこで、ASUSのサポートに電話してみたら、

「台湾での修理履歴が見つからないので、こちらでは対応できない。リカバリしてもらえないか?リカバリすれば治るはずです」

という回答。

台湾ASUSでの修理が原因っぽいので、釈然としないし、またセットアップにかかる長い時間をそのために奪われるかと思うとウンザリしましたが、サポートのおねいさんに文句を言っても始まらないので、リカバリをすることにしました。

※リカバリで治りました ^^

ですので
・Software Protectionの設定
・ライセンスの再認証

をお試しいただいても解決しない場合は、リカバリをお試しください。

そんなこんなで、PCのセットアップや再設定の繰り返しをしているうちに、もう今年も終わってしまうかと思うとさみしい限りですが、新たな仕事環境で頑張って行きたいと思います。

  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*