WordPress3.9.1で、テーマとプラグインページが表示できない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
エラー画面のキャプチャ

ワードプレスを3.9.1にバージョンアップしてから、

「外観」→「テーマ」(themes.php)
「プラグイン」内すべて(plugins.php、 plugin-install.php、plugin-editor.php)

これらのファイルが表示できなくなってしまいました。

エラー画面のキャプチャ
キャプチャ画像のように、Chromeではエラー コード: ERR_EMPTY_RESPONSE が返され、

firefoxでも、「接続がリセットされましたページの読み込み中にサーバへの接続がリセットされました。」と、やはり表示されません。

サーバーはXREAの200番台です。
同じサーバーにこのブログも入っておりますが、こちらはWP3.5のままで、特に不具合はありません。
(おそらくアップデートすると、同様の不具合が起こると思います・・・汗)

理由は不明なのですが、最新版のWordPressとMySQLの組み合わせによるようです。

こんな記事を見つけました。

WordPress 側から正式に発表されていないため、確かなことは申せませんが、弊社で確認したところでは WordPress3.8 以降、MySQLのバージョン5.22 未満のサーバーでこの現象が確認されております。(ワードプレスのサーバーエラーについて

これでいくと、僕が契約しているXREAサーバーは全滅。
コアサーバーバリューサーバーをひとつずつ契約していますが、このうちValueServerはPHPのセーフモードの束縛を受けないので、ValueServerに移転しようと思います。
※バリューサーバーのMySQLバージョンは5.5です。

実際に、同じバージョンのWordPressがバリューサーバーでは問題なく動いています。
もちろん、XREAとCoreServerのようにCGIで動かすといった面倒な設定もいりません。

追記

XREAの旧タイプサーバーに関しては、2014年の秋に、PHP,MySQL,PostgreSQLを最新版にアップデートするそうです。
http://mainte.value-domain.com/eventview.cgi?host=XreaAll&no=52

ということで、XREAでWordPressを動かしている方の選択肢は二つ。

  1. 上記のように、別サーバーに移転する
  2. しばらくはワードプレスのアップデートを控えて、秋を待ってアップデートを行う

ただし、XREAサーバーによっては、MySQL4を使っているものもあります。3もあるらしい。。。
MySQLのバージョンが4以下の場合、確か WordPress2.xシリーズで既に対応していなかったと思います。

つまり困っている人はいないか、いたとしても数年前に何かしらの対応を迫られているはず・・・ですよね。

追記2 Xreaからバリューサーバーへの移転について

この記事を書いてから、早速バリューサーバーへの移転作業を行いましたが、さすがに同じバリュードメイン系列(旧デジロック)のサーバーだけあって、簡単でした。
特に、phpMyAdminにログインしなくても、DBの引越しが出来るのがよいですね。

  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*